PLAID

CXプラットフォーム「KARTE」を提供するPLAIDの公式noteです。「PLAIDAYS」「PLAID's Engineer」「PLAID's Designer」の3つのマガジンを運営しています。
    • XD(クロスディー)編集部
      XD(クロスディー)編集部
      • 14本

      体験にフォーカスするメディア「XD(クロスディー)」編集部。 XD編集部の編集者たちがCX(カスタマーエクスペリエンス)をテーマに、発信しています。 https://exp-d.com/

    • PLAID's  Engineer
      PLAID's Engineer
      • 8本

      プレイドのエンジニアに聞いたチームのこと、ここで働く理由、SaaSプロダクトを開発する面白さなどについて綴っていきます。 技術については、https://tech.plaid.co.jp/ をどうぞ。

    • PLAIDAYS
      PLAIDAYS
      • 28本

      プレイドで働く社員が大切にしていることを綴っています。

    • PLAID's Designer
      PLAID's Designer
      • 36本

      プレイドのデザインに対する取り組みや、注目しているテーマに対する有識者インタビューなどを綴っていきます。

固定された記事

Googleからの出資を受けてKARTEはどう進化する?プレイド代表の倉橋に聞いてみました

「これはKARTEが目指す世界に近づく”小さな”一歩なんです」 そう語るのは、プレイド代表取締役 CEOの倉橋 健太。2011年にプレイドを創業し、2015年にCXプラットフォーム…

「顧客と共犯関係になる」を考える

プレイドのコミュニケーションディレクターの川久保 (@kawatake)です。 先月の出来事ですが、同じ週の取材でたまたま「顧客と共犯関係になる」という言葉が連続して出て…

企業がメディアを運営する意味は、受信と議論のため(らしい)

プレイドのコミュニケーションディレクター(と名乗ることにしました)川久保 (@kawatake)です。 久々にnoteを書くわけですが、タイトルに悩みました。そして、タイトル…

顧客を人間として捉えるとはどういうことか、あるいは〈人間的〉の対概念

こんにちは。XD編集部員/CX DIVE構成員の柏原(@tkashiwabara09)です。 企業やブランドの優れた顧客体験のあり方を探求していくと、顧客をひとりの人間として捉え、個々…

今、プレイドは何を考えているのか?発展の途上でスタートアップへの投資を決断した理由を解説します

本日、プレイドはEmotion Techへの出資と戦略的パートナーシップ締結を発表しました。なぜスタートアップから、スタートアップへの出資を行ったのか。これは私たちにとって…

CX Study Group by PLAID をはじめます

XD副編集長 / CX DIVE 統括の川久保 (@kawatake)です。突然ですが、CX Study GroupというSlackのworkspaceを作ってみることにしました。 CX Study Group by PLAIDとは …