「非効率にいこう。」というメッセージの意図をお伝えします #非効率にいこう
見出し画像

「非効率にいこう。」というメッセージの意図をお伝えします #非効率にいこう

株式会社プレイドは、2020年12月17日をもちまして、東京証券取引所マザーズへ新規上場いたしました。そのタイミングにあわせ、本日、日本経済新聞に「非効率にいこう。」というメッセージの広告を出稿しました。

「データで人の価値を最大化する」をミッションとし、テクノロジーの会社である我々がなぜこのようなメッセージを出したか。新聞の紙面だけでは伝えきれないと考えましたので、今回のメッセージの意図をお伝えさせていただきます。

新聞原稿の内容はこちらで見ることができます。


「非効率にいこう。」で伝えたいこと

私たちがこの広告で伝えたいことは、「効率を否定し、非効率を選ぶ」というものではなく、『効率も非効率も、どちらもテクノロジーで加速させる』という我々の意思です。

テクノロジーの活用は「効率化」の文脈で語られることがほとんどです。単純な作業を機械が代替したり、人の勘に頼っていた予測をデータを元に最適な数字を導き出したり。効率化のために、テクノロジーを活用するのは当たり前という世の中になってきました。

人が「作業」から解放されることにより、人の「創造性」を発揮する機会も増える。多くのテクノロジーの会社が「人がやらなくていい作業はテクノロジーに任せて、その空いた時間で人らしい創造性が発揮できるようにしよう」と標榜しています。

これはとても素晴らしいことなのですが、マイナスをゼロに近づけるアプローチ、すなわちまだスタートラインに立っただけだと私たちは考えています。また、テクノロジーを効率化のためだけに使い、数字やロジックを突き詰めていくと同じようなものばかりが増え、コモディティ化が進むとも考えています。

それを超えるために、私たちプレイドが信じているもの。

それは「人」です。

人が人を思いやる想像力や心を動かす情熱。数字では表現しづらく、効率化の文脈では非効率なものとして軽視され、時には無視されてしまうものです。

しかしながら、「非効率」な人の創造性こそが、これからの世界で唯一無二の価値を生み出すと信じています。

だから私たちは、効率という枠を超えて、「非効率」と切り捨ててしまっている人の創造性を引き出すテクノロジーを提供したい。スタートラインからプラスの方向に社会が進むお手伝いを『人の能力をテクノロジーで拡張する』ことで実現したいと考えています。

人が創造性を発揮できるような環境をテクノロジーで整えるとともに、人の能力を拡張するためにもテクノロジーで後押しする。

どんなに時代が変わっても、やっぱり人が最強。私たちは、テクノロジーとデータで人の価値を高めることで、人や社会によろこびを増やすお手伝いをしたいと考えています。


テクノロジーとデータと人の関係について

「テクノロジーとデータで人の価値を高める」。この部分についてもう少し説明します。

この3つの関係性を、私たちはこのような関係だと捉えています。

人←→テクノロジー(プロダクト)←→データ

すなわち、人がデータを扱うためにテクノロジー(プロダクト)があるという関係です。多くの人はデータを見ても何も発想できない、データだけが単にあっても、基本的には何にも活用できない。だからこそ、データから人が直感で分かり、解釈できるように変換する必要がある。私たちはそう考えているのです。

人とリアルで対面すると、人の表情や息遣いからとても多くの情報を読み取ることができます。

疲れているのかな?
目は輝いているな。
忙しいけど、充実してそうだな。

情報を読み取り、そこから「相手のことを思い遣りながら」声をかけたり、たまには声をかけずにそっと見守ったりする。そういったやり取りがインターネットを介しても実現してほしい。生きている人の息遣いがデータに現れることで、人が人を思い遣ることができる。そのためのお手伝いを私たちはしていきたいと考えています。


ハートのモチーフに関して

今回は、「非効率にいこう。」というメッセージを新聞の紙面で目に留まりやすくするため、ハートのモチーフを選びました。

「非効率も愛そう」というメッセージをストレートに伝えるだけではなく、実はプレイドのロゴが氷山でもあり、ハートの形にも見えるという意味もかかっています。

何度も見ると、プレイドのロゴもハートに見えませんか?プレイドのロゴの成り立ちについては、こちらをご覧ください。


最後に

私たちプレイドは、今後も挑戦を続けていきます。人や社会によろこびを増やすお手伝いを一緒にしてみたい、プレイドをより加速させたい、そのような仲間を探しています。

詳しくはプレイドの採用ページやWantedlyをご覧ください。いくつか職種の記載がありますが、我々が求めている仲間はここに書いてある職種だけではありません。プレイドでなにか面白いことができそうと考えた方、職種の枠を超えて、ぜひ一度お話ししましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
PLAID

CXプラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドの公式アカウントです。企業の発信を中心に綴っていきます。

ありがとうございます❤️
CXプラットフォーム「KARTE」を提供するPLAIDの公式noteです。「PLAIDAYS」「PLAID's Engineer」「PLAID's Designer」の3つのマガジンを運営しています。