見出し画像

バックではなくフロントへ。ビジネスを加速させる「攻め」の法務 - 見てわかるプレイドメンバー | Acceralator編 -

プレイドでは「データによって人の価値を最大化する」をミッションに掲げています。1つの特徴として、メンバーの経歴や入社背景、今後行いたいことなどが多岐に及んでいることがあります。
そんな多種多様なプレイドの「人」を押し出して紹介する取り組み「見てわかるプレイドメンバー」を始めてみました。

コンセプトは「記事の中身を見なくても楽しめる記事」です。

初回では、2018年9月にアクセラレーターチームのリーガル(弊社ではバックオフィスの職種を"アクセラレーター"と称しています)として加わった元DeNA SHOWROOMの王 懐斯のこれまでとこれからについて聞きました。

【プロフィール】王 懐斯 (Wang Wise)
早稲田大学法科大学院修了。経営コンサルティングファームや渉外法律事務所での勤務を経て、DeNAに入社。新規事業立ち上げや海外法務を含む企業法務全般に従事し、子会社SHOWROOMにて法務責任者を兼務。2018年9月よりプレイド参画。

いわゆる「社員インタビューしてみた」系のものですが、1つのトライとして文章中心ではなく、会話をグラフィックレコーディングしてわかりやすく可視化しています。内容を見やすく整えたものが記事表紙、即時描写したものがこちらの王本人が持っている写真です。

これまでの生い立ち・経歴・なぜPLAIDなのか?という過去のストーリー、これから実現したいことや可能性など未来のストーリーを合わせて聞いてみました。

これからもプレイドの色々なメンバーを紐解いてビジュアライズに発信していくのでお楽しみに!

株式会社プレイドでは一緒に働く仲間を募集しています!
もっとPLAIDを知りたい方はこちら
CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」はこちら

グラフィックレコーディング:ミヒラキ 加藤綾子

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

CXプラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドの公式アカウントです。企業の発信を中心に綴っていきます。

9
CXプラットフォーム「KARTE」を提供するPLAIDの公式noteです。「PLAIDAYS」「PLAID's Engineer」「PLAID's Designer」の3つのマガジンを運営しています。