マガジンのカバー画像

プレイド IPOの軌跡

12
2020年12月に東証マザーズに上場したプレイド。IPO準備に携わったメンバーの想いと学びをシェアするnoteです。10回くらいの連載を予定しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

プレイドIPOの軌跡、連載の裏側と振り返り

これまで「プレイドIPOの軌跡」をお読みいただきありがとうございました。想定を超える反響を…

第6回 IPOにおけるマーケティングプロセスの実務

はじめに こんにちは、初noteです。 株式会社プレイド Financeチームの大薮です。上場後はコ…

第10回 「SaaS KPIと開示について」

初めまして!プレイドfinanceチームの新井と申します! 上場直前にジョインし、主にAccounting…

第9回 上場直後に何が起こる? IRについて / プレイドIPOの軌跡

はじめにこんにちは、2回目のnoteです。 株式会社プレイドFinanceチームの向江と申します。 …

第8回 オファリングの設計と実務

はじめにはじめまして。Legalチームの村井です。 プレイドには2019年7月に入社しました。IPOプ…

第7回 資本政策と株主の関係 / プレイドIPOの軌跡

こんにちは、プレイド Legalチームの澤井と申します。 いつもお読みいただきありがとうござい…

第5回 なぜグローバル・オファリングか?そこから何を学んだか?/ プレイドIPOの軌跡

こんにちは、プレイドの武藤です。みなさま、いつもこちらの連載をお読みいただき、ありがとうございます。毎回、多くの皆様にお読みいただいており、大変ありがたく思っております! グローバル・オファリングは通常は大規模な案件で用いられるオファリング手法です。マザーズ市場においてグローバル・オファリングでIPOを実施したのはメルカリさんとフリーさんだけだと理解しています。当社は公開価格では600億円強の水準でしたので、グローバル・オファリングをする規模としてはかなり小さい案件でした。

スキ
193

第4回 IPOにおけるCEOの役割とは?/ プレイドIPOの軌跡

プレイドのIPOプロセスをリレー形式で振り返る連載企画。第4回はCEOの倉橋健太が、IPOプロセス…

第3回 IPOプロセスにおける計画策定と予実について / プレイドIPOの軌跡

はじめにこんにちは、初noteです。 株式会社プレイド Financeチームの向江と申します。上場後…

第2回 「共創」を目指した証券会社との付き合い方 / プレイドIPOの軌跡

上場承認約1ヶ月前2019年4月5日、丸の内・大手町・八重洲エリアにあるカフェで、午後5時ぐらい…

第1回 プレイドの上場準備・審査プロセスについて

はじめまして。プレイドでfinanceチームに所属している小島と申します。 先日CFOの武藤が書い…

プレイドの”非常識”なIPOまでの道のり、連載開始

はじめまして。プレイドでCFOをしている武藤健太郎と申します。 2020年12月17日、プレイドは…